たぶんだぶん

足りない知識で暇をつぶす備忘録。問い合わせはこちらから dabungroup@ruru.be

プロジェクタースクリーン自作問題

こんにちは。

 

 

前回記事でプロジェクターについて丸く収めました。

 

tabundabun.hateblo.jp

 

 

ん?

 

プロジェクターはあるけどスクリーンがない?

 

スクリーンっていくらくらいするの?自作はできるの?

 

どちらもお答えしますとも。

 

 

まずプロジェクタースクリーンっていくらくらいするものなの?

 

 

Amazonからリンクを引っ張ってきてみました。

 

 

いずれも100インチなのですがやすくても5000円後半……

 

 

せっかくプロジェクターがあるのにこんな値段じゃ埒があかない……

 

 

 

ちょっと待ってください!そんな時こそ自作の手です!

 

 

プロジェクタースクリーンを自作する方法としては、次のようなものがあります。

 

・模造紙を使い広げ壁につるす。

 

・障子紙を使い広げ壁につるす。

 

ベッドシーツを広げ壁につるす。

 

こんなあたりかと思います。ただし前者2つは紙であるが上湿気に弱く破れる可能性が高いです。

 

そんなこんなでベッドシーツを使う方法で行きたいと思います。

 

先に言っておきますがこの方法は2000円もあれば作れます。

 

 

<材料>

・ベッドシーツ(しま●らやマツ●カに安く売ってあります。)

・園芸用支柱(あの畑とかに立ってる長いアスパラみたいなやつ)×2

・ビニールハウス用パッカー(支柱の太さに合わせましょう。)×10個もあれば十分

・紐(タコ糸がベスト)

・洋灯吊金具(よくあるS字のねじのついたフック)

参考リンク(店頭で買えば安い)

 

 

ベッドシーツは壁の大きさに合ったものを、園芸用支柱についてはダ●ソーなどの百円ショップで210cmのやつを2本買ってください。

 

パッカーはホームセンターの農業資材のところに売ってあります。

もしわからなければ店員さんに「ビニールハウス用のパッカーが買いたい」と言いましょう。大きさは支柱に合ったサイズ。

 

ノギスで支柱を測ってみたところ太さが直径16mmでしたので16mm用のパッカーを買いました。

 

 

<手順>

1、ベッドシーツをほしいサイズに切る。

 

2、支柱にタッカーで留める。(等間隔で留める)

f:id:tabundabun:20161113153207j:plain

 3、以下のイラストを参考にして設置してみてください。

+

f:id:tabundabun:20161113155000j:plain

 

4、完成

 

f:id:tabundabun:20161113155437j:plain

 

 十分使えるものです。くるくる巻き上げれば収納だってできます。

 

 

それではよきシアターライフを!

 

※この記事による事故などは一切の責任を負いかねます。

 

プロジェクターを1000円で買った話

こんにちは。

 

 

昨今では家で映画が見たいなんて方も増えてきまして

 

 

家庭向きのプロジェクターなんてものを販売している会社も同様に増えてきました。

 

 

こちらの値段もピンキリなところなんですが5000円~30000円程度で購入できます。

 

 

 

しかしながら、各種インターフェイスに未対応だったりルーメン※1の値が低かったりします。

(※1 ルーメンとは光束の値。記号㏐。単純に言えば明るさの単位です)

 

そんな中私は、1000円という破格(送料込みで1800円でした)でプロジェクターを手に入れたのです。

 

 

察しの良い人はお気づきかもしれませんね。

 

 

 

 

オークションです。

 

 

 

 

ただ運がよかったといえばそうなのかもしれませんが、購入時の多少の見極めは必要かと思われます。

 

 

ポイントごとに分けてみます。

 

 

<はずれな家電に会わないために>

 

・出品者が販売物に強いか否か。

↪例えばスピーカを買うのであれば他にオーディオ機器を多く出品しているだとか小売店がオークション内にストアなどの形をとって出品しているかで判断します。

 

・ジャンク品だといってあきらめない。

↪ジャンク品と一まとめに言っても種類が多くあります。電源がつかないといった典型的なジャンク品だったり動作未確認でわからないからジャンク品というように個々により判断基準は変わるみたいです。後者のジャンク品という扱いであれば運が良ければ動作しそのまま使える可能性が高いです。(筆者のプロジェクターはジャンクで検索をかけてその中から安値かつ動作未確認のものを選びました)

 

・画像で判断。わかりにくければ型番を検索。

↪よっぽどのことがない限りですがオークションで売られているものが新品より高かったり、古くて使い物にならないようなものであったり、稀ですが企業側が不具合により回収の対象としているものにぶち当たってしまいます。

 

 

大きく三つに分けてみましたがこの限りではないかと思われます。

 

 

当たるも八卦当たらぬも八卦なのです。これが面白いところなのでもありますが…

 

 

 

ちなみに購入したプロジェクターはこちらです。

 

f:id:tabundabun:20161113143415j:plain

 

天下のPanasonic製で型番はTH-L750、商品名はシリウス・プロ。

 

発売は古いですがきれいで動作の問題は見られません。

 

明るさ大きさも文句なし。インターフェイスのバリエーションについてはまあ結構前に出たモデルなのでご愛嬌……

 

 

それでは。

 

 

※仮にこの記事を見てプロジェクターを購入した際の責任については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。自己責任で!

 

 

追記:プロジェクタースクリーンの製作、自作について最適解らしきものに近づけたのでその手順について…

tabundabun.hateblo.jp

 

人はなぜ台風時の田んぼに引き付けられるのか?

こんにちは。

 

突然ですが、

毎年台風の季節になると決まって多くの方がある理由をもとに亡くなってしまいます。

 

 

それは

 

 

「台風の時に田んぼを確認しに行くこと」

 

 

 

世間一般的、もしくは都会人から見たら風物死だ。や死亡フラグだ。なんて馬鹿にする方々も多いかと思われるのですがこの事象にはいくつかの要因があったので大きく2つにまとめてみました。

 

 

  心理的な要因

  • 禁止されるとかえってその行為におよびたくなる「カリギュラ効果」の存在。

 

つまり、

「田んぼに行ってはならないという状況下のもとだとこの心理現象は発生しやすい」

と言えます。

しかし、農家の方々はこの要因はそこまで大きくないはず。

 

 

  2、経済的な問題

  • 田んぼ農家にとって田んぼというものの存在。
  • 台風による田んぼへの被害。

 

農林水産省による28年度の農林水産統計によると、28年度の10a(※1)あたりの米の収穫量は平均して545kgという見込みになっております。

米農家がおよそ15町(※2)田んぼを持っていると仮定すると81,750kgもの米が収穫できると考えられます。

各々の等級は等しいと仮定すると年あたり約17,712,500円と考えられます。

基本的に田んぼ農家は兼業してないと考えると厳しいです。一部に被害が出るだけで生活に支障をきたすのは目に見えてわかります。

 

(計算法および注釈について:10aを10畝と仮定し、かつ100畝を1町とし計算しています。さらに1俵を60kgと仮定し60kgあたり13,000円で農協が買い取るとしています。※1→aはアールという単位。1a=100㎡である。 ※2→町はちょうという単位。1町=99.17355aであるがここでは100aと仮定。)

 

 

 一方で

田んぼ農家の方々は台風による被害をどうにか防ごうとします。

 

なぜしなければならないかは前述のとおりです。

 (台風による被害の内、死者が多く発生するのは水の管理です。他の田んぼに濁流が流れ込まないように田んぼの水を抜かなければなりません。また稲刈りのシーズンだと水を張っていては稲は刈れませんのでこちらも水を抜く必要があります。)

 

結論

田んぼ農家にとって田んぼを見に行くという行為は生きる行為そのものでありその結果死を招いてしまうことがあるのだということ。田んぼを見に行く。ではなく田んぼを見に行って守り、そして管理を行うという言葉のほうが正しいこと。冒涜の対象では決してないぞ!(米農家でもなんでもないけど・・・)